• このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

遊具更新工事が終わった厚木中央公園。多くの子ども達で賑わっていました。

厚木中央公園の遊具更新工事が終わり、2月16日に一般開放されました。これまでにあった中央公園の遊具は、1994年に設置されたもので「木材でできており、木材の遊具の寿命が平均15年といわれているなか、20年以上が経過していた。市は誰もが安全で安心して利用できる施設環境の整備として、昨年7月ごろから遊具整備を進めてきた。」「工事の総事業費は、9800万円で、半額は、国の公園施設長寿命化対策支援事業補助金を活用した」とのことです。


厚木中央公園は、年間約14万人が利用する公園です。遊具更新工事終了から、1か月が経過した昨日、長女4歳を連れて(長女に連れられて)、厚木中央公園を訪れました。ちょうど一年前にオープンした「あつぎこどもの森公園」の時もそのように思いましたが、単なる視察よりも実際に子供を連れて遊ばせた方が、違いや特徴がよくわかります。改修前の大型遊具に比べて、安全性に配慮した作りとなっていると私は感じました。


【写真】: 遊具更新工事が終わった厚木中央公園。多くの子ども達で賑わっていました。


 


カテゴリー:活動日誌
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

県議会議員〈厚木市〉

佐藤 知一

さとう ともかず

佐藤知一

プロフィールを見る