• このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

平成29年第1回定例会一般質問 町内会掲示板についての質問と答弁の要旨

3月に開催された、平成29年第1回定例会での私の一般質問は以下の通りです。

・2款3項1目危機管理対策事業費について(防災倉庫について)

・3款1項3目住民組織関係事業費について(町内会掲示板について)

・5款3項2目生活保護扶助費について(生活保護者の葬儀について)

・5款4項1目老人福祉総務費について(ねんりんピックについて)

 

本日は「3款1項3目住民組織関係事業費について(町内会掲示板について)」の質問と答弁の要旨です。

 

質問:町内会自治会の掲示板は、市が設置している広報掲示板とともに地域住民に情報を伝える貴重なツールとして役立っている。しかし、老朽化が進み建て直しや補修等が必要な状況がある。(1)町内会自治会が所有する掲示板に対する支援について、現状認識と補助金等を新たに導入することへの見解を伺う。(2)各区で対応している状況や掲示板の形状・立地条件の違いなどがある点は理解するが、例えば、補助金以外に共同購入によるスケールメリットを出し、少しでも安い料金で町内会自治会へ紹介するなど、支援方法について検討をするべき、と考えるが見解を伺う。(3)過去にネーミングライツなどでスポンサーをつけて設置されたような掲示板の有無について伺う。また、企業等からの協力など、地域活動に対する理解を進めるうえでも、行政が呼びかける姿勢は必要と思うが、見解を伺う。

 

答弁:(1)仕様や立地条件に違いがあることから、平成24年度から川崎区ではモデル事業として、掲示板補修への補助制度を試行するなど区予算での対応や、一部の区では企業等との連携を検討するなど、各区の地域特性に応じて取り組みを進めている。今後も、様々な手法について検討していきたいと感がている。(2)掲示板に対する支援について、企業等に町内会・自治会活動への理解を深めていただき、資金面等で協力を得る方法などがあるものと考えている。(3)資金支援を受けて設置した掲示板の有無について、川崎区において、民間団体が費用を負担し、大通り沿いなど多くの人が目にする場所の老朽化した掲示板を建て替え、寄贈者名等を付した事例等があると伺っている。今後について、地域における様々な活動を支えている町内会・自治会への支援は重要であるので、企業等への働きかけも含め、検討していきたいと考えている。

 

この質問の最後に、

防災倉庫のように、町内会・自治会の負担を少しでも減らせるような施策をお願いします。

と要望させていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

川崎市議会議員〈中原区〉

原 典之

はら のりゆき

原典之

プロフィールを見る

BLOG

原典之の政治の村ブログ

  • 7月27日 総務委員会NEW

    2017年7月27日

    おはようございます。本日は、委員長をしております総務委員会が開催され…

  • ヒアリング最終日

    2017年7月26日

    おはようございます。本日は、川崎市にとって久しぶりの恵みの雨ですね。…

  • ヒアリング最終日

    2017年7月25日

    おはようございます。本日は、先週から行っております自民党川崎市義団及び…

一覧へ