• このエントリーをはてなブックマークに追加

選挙に「ネット活用」80%

神奈川県内・町田地方議員 本紙が独自アンケート

 今夏の参議院選挙からインターネットを使った選挙活動が解禁される見通しとなった。これを受け、タウンニュース社では、紙面を発行する神奈川県と 東京都町田市の全地方議員に独自アンケートを実施。その結果、「解禁後、選挙にネットを活用する」との回答が80%で、ネット選挙への関心の高さを示した。

 アンケートは本紙発行の神奈川県と東京都町田市の全地方議員933人に対し、3月上旬から中旬にかけ実施。回答者数は613人で、 回収率は66%だった。質問は【1】現在、インターネットを活用して情報発信を行っているか【2】活用している情報発信サービスの種類【3】解禁後、インターネットでの情報発信を活用するか【4】解禁後に活用したいサービスの種類――の4点。

 【1】については73%が「活用」と回答。 【2】は80%の「ホームページ」が最も多く、「個人ブログ」59%、「フェイスブック」49%(複数回答)の順になった。また、【3】の「選挙にネットを活用する」は80%。「より多くの人に情報発信ができる」「若い世代に有効」といった理由から、現在はネットを活用していない議員も、選挙には利用した い意向だ。

49歳以下「活用中」92%

 世代別では、49歳以下の92%がネットを活用。50歳以上の63%に対し、29ポイントも高い結果となった。しかし、選挙でのネット活用には、50歳以上の74%が意欲を示す。「活用方法を勉強して採り入れたい」という声が多かった。

政令市以外は68%

  地域別では横浜、川崎、相模原の政令市でのネット活用が86%、それ以外の地域では68%と、都市部での利用率の高さが伺える。「地方では情報よりも顔が 見える方が大事」という声もあるが、選挙でのネット活用となると、政令市以外の地域でも「活用する」が77%となっている。

投票率アップに期待

 全体の傾向として、選挙にネットを活用する意向が大半を占めるも、「誹謗中傷やなりすまし等の対策が必要」といった、ネットの仕組みを危惧する意見も多かった。一方「若年層の関心が高まる」「投票率が少しでも上がる」といった期待の声も多く寄せられた。

questionnaire_top201303.jpg

地域別全議員の回答結果

横浜市
青葉区 旭区 泉区 磯子区 神奈川区 金沢区
港南区 港北区 栄区 瀬谷区 都筑区 鶴見区
戸塚区 中区 西区 保土ケ谷区 緑区 南区
川崎市
麻生区 川崎区 幸区 高津区 多摩区 中原区
宮前区
相模原市
中央区 緑区 南区
各市
厚木市 綾瀬市 伊勢原市 海老名市 小田原市 鎌倉市
座間市 逗子市 茅ヶ崎市 秦野市 平塚市 藤沢市
三浦市 南足柄市 大和市 横須賀市 東京都町田市
各町村
愛川町 大井町 大磯町 開成町 寒川町 中井町
二宮町 箱根町 葉山町 松田町 真鶴町 山北町
湯河原町 清川村

詳細情報有り 政治家一覧(50音順)