• このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

ポストコロナ時代の寡黙劇/KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「虹む街」

6月8日、「ポストコロナ時代の寡黙劇」と評判の演劇「虹む街」に出かけて参りました。文化・芸術の「ど真ん中」で育ったものの一人として、これまでも力を入れてきた文化振興施策。特に今年で開館10周年となる神奈川芸術劇場(KAAT)については、私が市議会から県議会に移り、初めて担当した県立文化施設でした。(=さとう知一も県議になって10年目) 詳細は記しませんが、コロナ禍の課題は、沢山あると感じています。

~~~
KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「虹む街」2021年6月6日(日)~20日(日)神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ作・演出:タニノクロウ出演:安藤玉恵、金子清文、緒方晋、島田桃依、タニノクロウ、蘭妖子 / 神奈川県民を中心とした街の人たち(ポポ・ジャンゴ、ソウラブ・シング、馬双喜、小澤りか、ジョセフィン・モリ、阿字一郎、アリソン・オパオン、月醤、馬星霏)
~~~

演劇終了後、希望者に対しては、写真撮影をさせて頂く時間がありました。非常に凝った舞台セット(実在する街のようにリアルな舞台セット)を自由に観て、撮影できる時間をお取り頂けました。(本日に限るとのアナウンスもありましたが、前日や翌日以降については、把握しておりません)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

県議会議員〈厚木市〉

佐藤 知一

さとう ともかず

佐藤知一

プロフィールを見る

BLOG

佐藤知一の政治の村ブログ