• このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

本日も登庁して執務/2つの原稿校了もまだまだ終わらず/第30回 神奈川工業塗装まつり 塗装技能コンクール 入賞作品展示(県庁新庁舎)

東京オリンピックまで、あと44日。カウントダウンの秒針は、刻一刻と止まることなく進んでいます。
妻は外資系金融に務めていますが、コロナ禍となり、昨年夏の1か月を除いて、一度も会社にはいかず、ずっと自宅からリモート(ワークフロムホーム)で働いています。(アメリカの会社は危機管理に対する意識が違うと感じています)
一部屋使って仕事をしているとは言え、狭いマンションの中ですので、私は、県庁か、厚木の事務所で仕事をしています。そこで、本日も県庁に登庁し執務にあたっています。
今月発行の厚木時間(フリーペーパー)、今週金曜日発行のタウンニュース厚木愛川清川版へ寄稿する県議会報告の原稿も本日午前中には、それぞれ、校了しました。残るは、今月校了を目指し、未だ手つかずの「ケンオウニュース(月刊さとう特別版・18万部年4回(2月6月9月12月)発行)」にも着手しています。また、総務政策常任委員会の質問を見据えた調査・ヒアリングを行っています。「大きなタマをいつ出すか」も含めて、色々思案中です。Chatworkも活用しながらのグループワークも行っています。東京都議選の応援にもいかないといけません。黄色い街宣車を貸している都議選の期間中、地元回りもしなければならないと思ってもいます。諸々同時並行で着手しつつ、(私の中では)着実に前に進んでいます。

/閑話休題。第30回 神奈川工業塗装まつり・塗装技能コンクールの優秀作品を神奈川県庁新庁舎ロビーに展示しています。この塗装技能コンクールは、神奈川県工業塗装協同組合が主催し、工業塗装技能の研鑽とレベルアップ、勤務意欲の向上と人材育成を目的に開催されています。平成4年2月に「第1回神奈川工業塗装まつり」を開催、以後毎年継続開催し、本年度も「第30回 神奈川工業塗装まつり」を開催することにより、さらに県内一般の人々および業界の関係者に工業塗装業界のPRを実施し理解を深めるとともに、組合員と従業員のより一層の技能の向上と普及を図ることを目的としています。神奈川県東部総合職業技術校 溶接板金コース生徒作品も毎年展示されています。
また、昨年度(第29回)の県庁ロビーでの作品展示は、行われなかったためか、昨年度の作品も写真パネルとして展示をされていました。 神奈川県も工業塗装技能・技術の向上を目的とするこのコンクールを後援しています。私も毎年、しっかりと作品を拝見し、強く応援しています。

【写真】: 第30回 神奈川工業塗装まつり 塗装技能コンクール 入賞作品展示(県庁新庁舎)/本日の昼食(税込500円)/東京2020オリンピック競技大会まであと44日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

県議会議員〈厚木市〉

佐藤 知一

さとう ともかず

佐藤知一

プロフィールを見る

BLOG

佐藤知一の政治の村ブログ