• このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

=緊急オンライン集会=手話推進議員連盟・(特非)インフォメーションギャップバスター共催「多様性と調和のオリンピックに手話通訳を」

手話推進議員連盟 代表世話人の永野裕子 豊島区議会議員からのお声かけで、ZOOM・オンライン集会に参加しました。もろもろ、大変勉強になりました。いつもながら感謝です。

=緊急オンライン集会=「多様性と調和のオリンピックに手話通訳を!」ー手話推進議員連盟・NPO法人インフォメーションギャップバスター共催ー
現在開催されている「東京オリンピック2020」は「多様性と調和」がテーマとなっています。しかし、7/23の開会式の放映に、手話通訳がありませんでした。これは、障害者権利条約及び障害者差別解消法の観点からみても適正な対応とは言い難い状況です。開会式の翌日7/24付で、コミュニケーションバリアフリーを推進しているNPO法人インフォメーションギャップバスターと党派・地域を超えた地方議員で活動している「手話推進議員連盟」との連名で、オリンピック組織委員会やNHK等関係各所へ要望書を提出し、連休明けの7/26には東京都庁へ出向き、要望活動を行いました。この度のオリンピック開催にあたっては、次々といろんな問題が起こって、関係者の方は様々なご尽力のもとに開会式が行われたと思われ、関係各位への敬意を表しつつも、理念に照らして大事なことが置き去りにされてはならない。
関係者の声を聞き、皆で考え、意見を出し合い、オリンピックを契機に世界平和や多様性、平等といった理念を実現するためのムーブメントとすべく、緊急集会を開催します。

日時: 令和3年8月7日(土)15時半~/テーマ: 「多様性と調和のオリンピックに手話通訳を!」
話し手:NPO法人 インフォメーションギャップバスター 伊藤芳浩理事長/豊島区聴覚障害者協会 長谷川則之会長/聞こえないきょうだいをもつソーダ&家族代表 藤木和子弁護士/手話推進議員連盟 代表世話人 永野裕子豊島区議会議員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

県議会議員〈厚木市〉

佐藤 知一

さとう ともかず

佐藤知一

プロフィールを見る

BLOG

佐藤知一の政治の村ブログ

一覧へ