• このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

横浜市長 中学校給食実施を表明

市長による実施表明は初 
 林文子横浜市長は、2月21日の横浜市会本会議で、


「デリバリー給食の要望は高い。


令和3年度からの実施を視野に学校給食法に位置づけたハマ弁にする」と表明した。


自民党市議らのデリバリー型給食の早期実現を求めた質問に答えたもの。
これまで教育委員会は、ハマ弁の給食化を示唆していましたが、市長による実施表明は、初めて。


アンケート結果を重視
 市長が理由にあげたデリバリ―給食の要望は高いというのは、


教育委員会が実施した生徒・保護者を対象にしたアンケートで、


ハマ弁を給食に位置づけてデリバリー給食として提供した場合、


保護者の約7割(週5回~月1回)が利用したいと答えたというもの。


 


 


 


市民が市政を動かした!
「自校調理方式」に向け力尽くす
 あらき由美子党市議団長は、


「自民党からデリバリーとはいえ、給食実施を求める声が発せられたのは今日が初めて。


市民が市政を動かしたのだ。


デリバリー給食は全国的には不評で、多くの実施自治体が学校で調理する方式に切り替えている。


自校方式を基本とした中学校給食こそ市民が求めるものです。


その実現に全力をそそぎます」とコメントしました。


全国で広がる学校調理方式の中学校給食…横浜市も続こう!


【写真は、西東京市の親子方式での中学校給食試食の様子】 


日本共産党横浜市議団は、これまで、横浜での中学校給食の実施に向け、


全国の優れた実践を調査し、議会で繰り返し取り上げ、実施を求めてきた。


市長や教育委員会は、小学校と同じ学校調理方式は


「調理室を設置するスペースがない」「莫大な費用がかかる」


などを理由に拒んできたが、


他都市では知恵と工夫を凝らして、豊かな実施を行っている。


これからも私たちは、市民の皆さんが望む給食になるよう力を尽くしていく決意だ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

横浜市会議員〈港南区〉

三輪 智恵美

みわ ちえみ

三輪智恵美

プロフィールを見る

BLOG

三輪智恵美の政治の村ブログ

一覧へ