• このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

元町自治会をはじめ、厚木北地区・南地区を中心に厚木市防災訓練を多数廻りました/護岸の修復工事(小鮎川境橋付近)も現地確認/睦合南公民館開館40周年関連事業「おかあさんの被爆ピアノ」上映会(厚木市文化会館大ホール)

本日は、厚木市総合防災訓練ですので、このあと朝8時過ぎには家を出て、厚木北地区と南地区を中心に厚木市内の自治会を廻らせて頂きました。本日もたくさんの地域を廻らせて頂き、会場ごとにご挨拶もさせて頂いたのですが、一人で廻りましたのもので、私の挨拶時の写真がありません。下記写真一枚目は 頂いた集合写真です。


/昨秋の台風19号で護岸が被害を受けた厚木市の小鮎川護岸の修復工事(境橋付近)を進めています。新型コロナウイルスの影響で想定よりも工事が遅れていますが、完成に向けて作業を急いでいます。本日は、現地調査・確認をさせて頂きました。


/午後2時から「おかあさんの被爆ピアノ」上映会にお誘いを頂きましたので 鑑賞に参りました。睦合南公民館開館40周年関連事業として行われたものです。式冒頭にご紹介頂きご挨拶をさせて頂きました。また、最後の又村地区館長のご挨拶の中にも、私のご紹介を頂きました。関係者の皆様に心より感謝致します。
この映画は、原爆を投下された広島で奇跡的に焼け残った「被爆ピアノ」と、被爆2世の調律師として全国に被爆ピアノの音色を届けている矢川光則さんの実話をもとに後藤利弘監督が約10年かけて完成させた作品と伺っています。
本日は、以前この映画の題材となった「被爆ピアノ」の本物が伊勢原市に来た際にピアノと共にバイオリン演奏をされた私の支援者のご息女もお越しになられていました。当時の思いが込み上げたと感想をお聞かせ頂きました。映画に出てくる矢川さんのトラック、工房は「全て本物」とのことです。来年、厚木市にもやってくることとなっています。


【写真】: 元町自治会をはじめ、厚木北地区・南地区を中心に /護岸の修復工事(小鮎川境橋付近)も現地確認/睦合南公民館開館40周年関連事業「お母さんの被爆ピアノ」上映会(厚木市文化会館大ホール)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

県議会議員〈厚木市〉

佐藤 知一

さとう ともかず

佐藤知一

プロフィールを見る

BLOG

佐藤知一の政治の村ブログ

一覧へ