• このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

本日8月9日、長崎は76回目の原爆の日を迎えました

本日8月9日、長崎は76回目の原爆の日を迎えました。昭和20年8月9日午前11時2分、一発の原子爆弾により、長崎の街は一瞬で廃墟と化しました。8月6日の広島原爆の日と共に忘れてはならない日です。

今は亡き、妻の実母は長崎出身であることから、8月9日は、私にとってより特別な日となりました。当時投下された、原爆により、24万人の市民のうち、7万4千人が亡くなり、7万5千人が傷つきました。 事実を知ること、それこそが核兵器のない未来を考えるスタートラインです。

広島の原爆の日は 8月6日でしたが、東京オリンピックにおいて、黙祷やこれに準ずる意が示されなかったことは、本当に残念でした。JOC、東京都、日本国政府は、どこを向いて仕事をしているのか。と思わずにはいられなかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

県議会議員〈厚木市〉

佐藤 知一

さとう ともかず

佐藤知一

プロフィールを見る

BLOG

佐藤知一の政治の村ブログ

一覧へ