• このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

情報誌「厚木時間」63号(発行日6月16日)に記事掲載

=神奈川県議会(無所属・県政会)さとう知一の議会奮闘記/厚木の声を県政に! 第11回=

フリーペーパー・情報誌 厚木時間(第11回) 県議となりタウンニュース厚木版に隔週掲載(現在まで通算 330号)しておりますが、現在は、厚木市内を中心に配架されている 情報誌「厚木時間」63号(発行日 6月16日)(発行部数 2万5000部)にも記事を毎号掲載(今回で11回目)しています。
違う形態の紙媒体を活用することにより、幅広い市民・県民の方々に県政報告をお届けできるよう努めています。

/現在、タウンニュース厚木愛川清川版、厚木時間(フリーペーパー)と2つの媒体を中心に県議会活動報告を掲載しています。私の議会報告であるケンオウニュース(月刊さとう特別版・号外)とタウンニュースの記事は、細かいところまで、私が作りこみ、編集者の協力で完成まで至ります。基本的に取り扱う案件については、私がセレクトしています。
逆に厚木時間の記事は、担当のIさんに題材のセレクト、写真のセレクト等をすべて任せて、作成しています。とはいっても、私が20年以上毎日更新しているブログから記事を選んでいますので、私の考えに沿い、私の言葉となっています。担当者さんに第一稿を作成して頂いた後、事実誤認等を修正します。ごく一部、私ならしないような表現も可能な限り、活かすようにしています。

今回でいえば、
内容は メイン記事・津久井やまゆり園事件から5年、「ともに生きる社会 推進週間」・ZOOM勉強会(コロナ禍の妊娠葛藤事情)・コロナ感染軽症者向けこころの相談電話 /サブ記事・真夏の御用聞き街宣 でした。
コロナ感染症向けのこころの相談電話は、必要なひとに届いてほしい情報のひとつと思い、入れさせて頂きました。(担当Iさん)

私は、先のタウンニュースで記事にした「議員の出産と産休期間を明文化 した子育て議員連盟の活動」についてをメインとするように提案しましたが、「厚木時間の場合、掲載が2か月に渡るので読者さんの生活により近いもの、(さとうの)活動をより身近に感じられるものを記事にしていこうかと思っての構成」 「(タウンニュースやケンオウニュースなど)異なるチャンネルで(さとうの)様々な活動を読者の方にお届けできるので読者の方からしても様々な入口から(さとうの)活動や人柄を知ることができるのではと思う。」 という担当者Iさんからの至極もっともなご指摘を受け、私が(折れて)素直に従いました。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2021年8月16日現在)
・街頭演説日数 - 通算2625日目 (延べ日数ではなく実数/コロナ禍、注意して街宣車にて再開)
・ブログ更新日数 - 20年0ヶ月16日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算330回
・タウンニュース掲載部数(合計) - 1939万4120部
・情報誌 厚木時間 活動報告掲載回数 - 通算11回
・情報誌 厚木時間 掲載部数 - 27万5000部(各回2万5000部)
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・年3~4回・各回18万部発行)総発行部数 - 359万3150部
・献血回数 - 162回(16歳から継続中)
=====

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を印刷

県議会議員〈厚木市〉

佐藤 知一

さとう ともかず

佐藤知一

プロフィールを見る

BLOG

佐藤知一の政治の村ブログ

一覧へ